昔、大好きだった人とはじめて二人っきりになれた夜、彼は空を見上げながら、「満月の夜は何か起こる」と言った。(彼は、狼男だったのか?)その夜何かが 起こったかどうかは忘れてまったけれど、月は何か特別なことを想像させてしまうようなパワーを持っている。今でも月を見ることは大好き。色々な顔を持つ月 は、世界のどこにいても、誰に対しても平等に語りかける。20代の頃、言葉の通じない街でオーディションを受け、うまく歌えなかった夜、あてもなく知らぬ 街を歩きつづけた時も、月はいつも見守っていてくれた。ほんとうに長い付き合いだ。ところで、志津ちゃんの書いた作品の中には、何曲か「月」をテーマにし た曲がある。4月1日にレコーディングをスター トした、スパイシー・デボラの初CDの中にもそれらの曲が収録されている。(今回のアルバムの作品はすべて彼女の作詞、作曲によるもの)そんな彼女の書い た「月」の詩を読むたび、 私は知らなかった新たな「月」に出会う。もしかしたら「月」 は、私たち一人一人の為にその人のためだけの顔を持っているのかもしれない。それなのに、昨年、ピアニストの板橋文夫さんとパリで、志津ちゃんの 「MOONS(ふたつの月)」という曲を演奏した時も思ったのだが、そこで広がる世界は、国境を越え、性別、年齢、職業、すべての現実を越え、人々に間違 いなく1枚の絵を見せてくれる。今夜は曇っていて、私の部屋からは月は見えない。月がいないと夜はただの闇。

桃・梅・桜

 桃も咲いて、梅も咲いたし、桜の開花ももうすぐとか。春ですね。このところ、お花見のお誘い、多いんです。でも、私、花粉症でこの季節は、毎年、緊張の日 々なのです。だから、桜の花の下で、美酒でもなんてことは、夢の夢。特に今年は、4月1 1日から、SPICYの初アルバムのレコーディングが始まるので、お花見には行けないのです。花粉症は恐いです。ひどい 時は粘膜をやられて、声まで変わっちゃうんですもんね。まあ 、私は、レコーディング・スタジオで、♪さくらのはなのしたで〜♪と「ひとひらのためいき」を歌うことにします。なんと 、オリジナル曲を集めて作るアルバム、初めてなんです。いろ いろの方たちから、ここ数年ラブコールを受け続け、やっと実現することになりました。どんなアルバムになるかな?私もとても楽しみなんです。詳細は次回に でも報告しますね。  そして、しばらく、休眠していた「KISS ME」が4月 から、(黒田京子ちゃんと志津ちゃん、女3人で”戦ワナイ オンガク”を求めてます)再活動します。このユニットは全員 、歌うんですよ。まだ、お聴きになっていない方は是非、一度聴いて下さいね。  いつも皆さんへお届けしているDMを作ってくれている、M AKIちゃんが今度、デボラのホームページ制作に参加してく れることになりました。最新情報をいち早くお伝えできるよう、power upです。MAKIちゃん、よろしくね。

よろしく

明けましておめでとうございます。さてさて、みなさんは、1999年をどのような一年にしたいと考えていますか?私は今年も色々な経験がしたいですね。年明け早々は、何か真っ白な頭だったのでが、ここに来て、出てきましたよ色々。有言実行もいいけれど、まあ、一歩ずつ踏み出しながら、現実にして行きたいです。ところで、1月24日に白馬である、横浜エアジンの出張ライヴに私、参加する事になりまして、そんなこともあり、暮れからスキーをはじめました。湯沢と中里に行ってきました。まだ無我夢中です。もし、スキー場で私を見 かけても話し掛けないで下さいね、転びますので・・ この冬の風邪は強力ですね。私の周りの人はほとんどひいてます。症状も多岐に渡り、期間も長く本当に治らない。私はほぼ1ヶ月、グズグズしてます。もう、スカッとなりたいです。風邪で寝正月と言う人も多かったみたい。気をつけましょうね 。今年は、このホームページを作ってくれている、Nさんの協力を得て、祐希のひとりごとを月1回ぐらいのペースで更新して行きたいなと、年頭の今は思っています。私、おおざっぱなO型なので、大丈夫かなあ・・・本年もよろしくお願い致します。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others