時空旅行は甲府と飯田へ〜

かれいどすけーぷCD時空旅行リリース記念ツアー続きます。
甲府桜座、そして飯田Canvasにも伺いますよ〜。
お馴染みの方も、初めての方も楽しめる、各地で好評!納得!のプログラムです。
発酵し続けるかれいどすけーぷは、回を重ねるたびにさらに、発光し続けるかと。。。
Check us out!見にきて〜!聴きにきて〜!ね。


なんとなくクラシカル

CD”JAZZ AGE”を1998年にリリースした頃、すでに怪しげにJAZZの世界に身を投じていた私が、一人のクラシックのピアニストといつか一緒に演奏したいね話していた約束を遂に果たすことに!コマーシャルなどで、さわりを歌うということは時々あったけれど、最後にオールクラシックプログラムをクラシックスタイルで演奏したのはいつだっただろう。思い出せない。。。

一体どうなるか分からないというのに、演奏曲19曲中、現役クラシックの頃には歌っていなかった、アルトの曲も含む14曲が私にとって初演。情報に振り回されるレベルでは自分が楽しめないので、出来れば全曲暗譜で。あっら〜!相変わらず攻めの一手の自分に呆れてますけど、私らしい選択か?!限られた時間の中の準備、せっかく正統派でもないのですから、守りの姿勢ではなく、ワクワク演奏できるよう、最後の瞬間までベストを尽くしたいと思います。独断と偏見と超妄想も交えたMCも添えながらライブは進んで行くかと、、、

興味を持たれる方がどのくらいいらっしゃるか予想がつきませんが、限られたスペースですので、いらっしゃろうかなと思われた方は、ご予約をお勧めします。

[演奏予定曲]
シューマン
・Frauenliebe und Leben(女の愛と生涯)
全8曲

シューベルト
・An die Musik(楽に寄す)
・Auf dem Wasser su singen (水の上で歌う)
・Die Forelle(鱒)
・Frühlingsglaube(春の信仰)
・Ganymed(ガニュメ=ト)

カッシーニ
・Ave Maria
グノー
・Ave Maria
ピアソラ
・Ave Maria

バッハ(マタイ受難曲から)
・Aus Liebe(愛ゆえに)
・Erbarme dich(憐れんで下さい)
・Ich will dir mein Herze schenken(あなたに私の心を捧げます)

演奏はオリジナルの言語で歌います。
書かれている曲の邦題は日本で一般的に使われているものを書きました。

10月9日月曜日祝日start15:30 (open15:00)
〜横濱国際なんでも音楽祭2017秋〜
「なんとなくクラシカル」
前田祐希(歌)
梅本よしえ(pf)

横浜「エアジン」
前売¥2500・当日¥3000
http://airegin.yokohama/ 
みなとみらい線「馬車道」5番出口歩6分
JR「関内」北口歩6分 
横浜市営地下鉄ブルーライン「関内」
http://goo.gl/maps/7HrYO 
ご予約お問合せ 
045-641-9191


北海道でも時空旅行

かれいどすけーぷ北海道「時空旅行」リリース記念ツアー終了。みなさんに見守られながら、かれいどすけーぷは回を重ねるごとに、間違いなく発酵しています。演奏していてほんとうに楽しかったです。
懐かしい方との再会、新たな方との出会い、そしていつも待っていて下さる方達と、楽しい時空共有が出来ました。お一人お一人に心から感謝します。ありがとう。。
今回はオフタイムもたっぷりとれ、いろんなことを考えることも出来ました。しっかりエネルギー充電。秋には新たなチャレンジも発表する予定。ワクワクドキドキな私です。


かれいどすけーぷ北海道2017

かれいどすけーぷはnewCD「時空旅行」を携え、北海道へ。
いつもながらゴージャスな総勢2名!
とても二人しかいないとは思えないサウンド!
はつらつと、はたまたきめ細やかに、はたまたワイルドに、はたまた摩訶不思議に、今年も演奏します。
ツボにどんびしゃな方には実にどんぴしゃりなサウンドなこと間違いなし。初めての方もぜひぜひ〜。。。
https://www.youtube.com/channel/UCwYw5c8-aROB10vOWVsCXtQ


時空旅行

少し前に発表しようと思っていたのですが、、、

**********

人生たくさんの出会い、経験を通し、その人の何かが生まれる。でも自分の何かを生み出すことは、当たり前なようで、簡単なようで、実はとても大変である。情報過多な現代、下手したら、一生自分の感情なく、人の価値観だけで終わることもあるかもしれない。それがその人の人生だと言って終えばそこまでだけれども、それは少し、寂しく、残念に思う。

歌を習いたいと私のところに来る人に、歌の楽器である声帯を含む身体を使う可能性を私の経験を通し説明することはできる。ジャンルごとのルールも説明できる。でもその先の魅力は、各自の生き方を通し生み出すべきであると考えている。だから、私の歌のコピーをする必要は全くないし、するべきでもないと思っている。あの人みたいになりたいと思っても、その人にはなれない。自分は自分。もちろん、相談には乗るが、一人一人が自分の可能性を想像し、現実化して行くことによって、個性あふれる、歌の花畑が地球上に広がるはずと考えている。

子供の頃から私は、おそらく漠然と、みんな自分らしくなんでもやるべきだと考えていたのだろう。そしてその頃から、なんとなく私の心の中で聴こえる声が、そして歌があった。でも現実の世界ではそんな声も、歌もなく、なんだか、ずいぶん長い時間どうしたものかなあとさまよっていた気がする。何十年もの時間を経て、たくさんの経験を経て、それは少しずつ現実化して行った。それでも技術的にも、精神的にもまだまだ安心し、自分がリスナーとして楽しめる世界には行けなかった。

生涯完璧はありえないものの、でもCD「時空旅行」は、やっと私が心から楽しめるアルバムになったように思う。なぜなら、子供の頃から私の中で聴こえていたあの歌に果てしなく近い。なんだか嬉しい。
これまで、私のわがままに付き合って下さった、出会った多くの皆さんに、心から「ありがとうございます」。今は交流のない方もいるけれど、誰一人欠けても、なに一つ欠けても、皆さんとのすべてのことがなければ、私はここまでたどり着けなかったと思っている。そして、若かりし頃の私に諦めなくてよかったねと言ってあげたい。

さあ、これからは自分の目指したところで寛ぐのではなく、新たな可能性を想像し、一歩一歩楽しんで行きたい。


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others